セールステクニック

嘘つき営業マンになりたいか?正直に自分の信念を貫こう!

こんにちは、嘘をつくのが嫌いな、なおです。

営業や接客をやっていると、お客さんに嘘をついたり誤魔化したりする人はどこに言っても大抵いるものです。

その環境に慣れてないうちは違和感を感じた事があるかとも多いかと思います。

嘘をつくのって嫌ですよね。

けど周りは結構嘘をついてますよね。

そうは言っても慣れとは怖いものです。

周りの人が嘘をつきまくる営業マンばかりで、尚且つ数字を追っていると…

気をぬくとすぐに流されてしまいます。

例え嘘をつかなくても、お客さんが勘違いしてくれていた方が都合が良くて、あえて触れずに。

それが後から大炎上して大変なことになることもあるかと思いますが…

嘘をついたりお客さんが勘違いしてるのを知ってて放置すると、良い事がまるで無いという事です。

そこで今回はお客さんに嘘をつき続けるとどんな未来が待っているのか?

という事について考えてみたのでここにまとめます。

 

    〜この記事はこんな人に向けて〜

  • 嘘をつきたくないけど、周りはみんな嘘をついてるからこそ成績が良い。けど嘘はつきたくない
  • 嘘をつく営業に違和感を感じている人

 

世の中には、器用な人と不器用な人がいる

世の中には、器用な人もいれば不器用な人もいますね。

 〜不器用な人〜

  • 嘘がすぐにバレる
  • 罪悪感に包まれる
  • 長くやってると嘘をつくことに罪悪感を感じなくなる

〜器用な人〜

  • 嘘をつくことに慣れてしまう
  • 結果、嘘をつくことに罪悪感を感じなくなる

最終的にはどちらも嘘をつき続けると、嘘をつくことに罪悪感を感じなくなります。

不器用な人なら苦しみながら違和感を感じながら少しずつ慣れて、

器用な人なら割とすんなり慣れる事が多いでしょう。

しかし、不器用な人は嘘をついたらすぐにバレたり、「これどうなんだろうなぁ…」と違和感を感じながら営業をすることになります。

なので、不器用な人は極力嘘をつかずに、自分なりに正直な営業をした方が良いと考えます。

不器用な人が嘘をついても良いことありません。

そして器用な人は、あっという間に嘘をつくことに慣れてしまい、高い数字を出すことが短時間でできるようになるかもしれませんが…

人間的に尊敬できる人になるかどうかは別です。

私は器用に嘘をつけて尚且つ成績も優秀な先輩が何十人もいましたが。

人間的に尊敬できる人はゼロでした。

「絶対にこんな考えの人にはなりたくない」と。

いつも心の中で思っていました。

 

嘘つきな営業マンになりたいか?

先輩は皆少なからず嘘をついているかと思います。

そしてその環境では、嘘をつくことが当たり前で、気づいたら嘘をつくようになる人が大半かと思いますが。

嘘を嘘と言わず「うまい言い回し」という人がほとんどでしょう。

それでも嘘は嘘だし、大事な所をあえて誤魔化したり…

まずあなたは嘘つきな営業マンになりたいか?と言う事を考えてみましょう。

逆に自分がお客さんだったら、どんな営業マンだったら嬉しいか…

自分が理想とする営業マンの像を思い浮かべて明確にすることも大事です。

嘘つきな営業マンになりたいのであればなれば良いし、なりたくなければ正直な営業を心がけて良いと思います。

周りに合わせる必要はありません、自分なりの考えを持ち時には流れに逆らう必要もあるのです。

嘘をつかないように意識しないと嘘つきな営業マンになる?

人は無意識でいるとその環境に慣れてしまいます。

なので、正直な営業を心がける!と言うのを意識しないと気づかないうちに嘘つきな営業マンになってしまうと思っておいた方が良いでしょう。

私は常に正直に自分が思い描く理想の営業マンを意識して、日々業務に取り組んでいます。

気を抜くとすぐ周りに流されてしまうのです。

時には嘘をつくことも必要か?

お客さんの事を本気で考えた結果、時にはお客さんのために嘘をつく事はある程度必要になる場面もあります。

例えば、本気で考えた結果

「お客さんにはこの商品が、絶対に絶対に最適なんだ!」

と判断できた時、

お客さん
お客さん
う〜ん、でもなぁ…

優柔不断で中々制約に至らない時もあるかと思いますが、そんな時に、

お客さん
お客さん
昨日のお客さんも同じような悩みを持っていたのですが、その方は〇〇の部分が良いからやっていってくれました。

お客様はどうお考えですか?

と。

  • みんなやってる
  • 昨日の人もそうだった
  • 〇〇な人が多い

など。

絶対にこの商品がお客さんに最適で、尚且つ背中を押したい時などは、嘘をつくことはokだと私は考えます。

結果としてそれはお客さんのためになるので、悪意のある嘘ではありません。

正直な営業マンになるにしても、ここのラインをうまく見極めて時には嘘をつくことも必要だという事を覚えて意識すると良いですね。

嘘つき営業マンのメリット

ここで嘘つきの営業マンになる事が本当に悪い事なのか?

メリットとデメリットをまとめてみました。

器用にやれば爆発的な数字を出すことも可能

器用な人が嘘をつきまくって営業をすると爆発的な数字を出すことができます。

前の営業会社の成績優秀な人たちがまさにそうでした。

なんで私は正直にお客さんの事を第一に考えて営業をしてるのに…

嘘つきまくってお客さんの悪口を影で言ってる人たちの方がはるかに数字が上なんだ…

ものすごく悔しい経験をしたことがあります。

けど結果が全てです。

実際私も嘘をつきまくって営業をしたら数字はかなり上がりました…

嘘つき営業マンのデメリット

メリットよりもデメリットの方が強いです。

自分がストレスになる

話している時も、

  • 「この人は〇〇な設定で…」
  • 「これは言って良くてこれは言ってはいけない…」

と。

話しているだけで疲れます。

そして、長期的な付き合いになると、その関係が崩れないように嘘に嘘を重ねてその嘘にさらに嘘を重ねて…

だんだん管理ができなくなってきて、その嘘を本当にするための訳のわからない努力をして…

とにかくストレスになります。

 

慣れると嘘をつく事に罪悪感を感じなくなる

当然ですが、嘘をつくことが当たり前になると嘘をつくことに罪悪感を感じなくなります。

  • 「〇〇とは言ってない」
  • 「完全な嘘ではない」

嘘をついたり誤解するような言い方をしてるのに、自分を正当化して。

それが当たり前になる。

慣れというのは怖いですよ。

それに気づかないで痛い大人になる人はたくさんいます。

結果、人間的にクズになる

嘘に嘘を重ねるような営業をしていると、そういう人間になります。

しかも当の本人は全く気づいていない事が多いです。

成績は優秀でも数字以外では尊敬できませんね。

そして、そんな人が果たして本当に意味で幸せになれるか?

いつか付けが回って来そうですね。

ちなみに私には2歳の娘がいるのですが、そんな姿見せられないし胸張れません。

 

正直な営業マンのメリット

正直に営業する事が果たして良い事なのか?

私が経験して感じたメリットです。

正直な営業マンになると人として信用される〜ファンができる〜

私は嘘つき営業マンと正直営業マン、両方経験していますが。

やはり正直に行った方がお客さんから信用されやすいです。

当たり前ですね。

自分が心の底から思っている事を言うので、言い方や雰囲気も不自然にならず。

自分の考えを持った芯のある人と言う風に思ってくれてるそうです。(実際にお客さんがそう言ってくれました。)

 

正直でいるとお客さんと接してもあまりストレスにならない

嘘をついて話すと、「〇〇な設定で」と考えながら、半ば演技しながら話すことになるので。

しかも長期的な付き合いになると管理もめちゃくちゃ大変です。

私はめちゃくちゃ疲れますしストレスになっていました。

しかもみんなに対して言うことが違うので、自分のスタンスもブレブレ。

本当の自分が分からなくなります。

不器用な人ならそれだけでハゲる事ができるでしょう。

正直に行けば最小限のストレスで済むので、自分のスタイルを確立した営業をする事ができるようになります。

正直な営業マンのデメリットは1つ

もちろん正直に営業する事によってデメリットもあります。

しかし、このデメリットもいつかメリットに変えられるように日々考えながら私は取り組んでいます。

売り上げが爆発的に伸ばすことは難しいかも?

私が今まで経験した営業会社のトップ営業マンは少なからず嘘をついていたり、うまく説明を誤魔化したりと。

本当に正直にやってる人はいませんでした。

周りの成績が良い営業マンを考えてみてください。

どうですか?

全て正直に行くとある程度の成績は出せますが、爆発的な数字を出したり、トップ営業マンになるのは…

職種や商材にもよるのかもしれませんが、私はまだできないですし、そもそもビジョンが見えません…

ここは私の経験不足かもしれませんが、嘘をつかずに正直にトップ営業マンになるのは難しいということです。

 

正直な営業マンになりたければ自分を貫く

正直な営業マンになりたければ周りに流される必要はありません。

そのプライド捨てなよ?と上司が言ってくるかもしれませんが気にしなくて大丈夫です。

下手なプライドは捨てた方が良いですが、自分が本当に曲げられない信念は大切にしましょう。

自分の理想とする営業マンの像を思い浮かべて、それに向かって突っ走るのみです!

ちなみに話は変わりますが、最近GACKTさんの本を読んだのですがめちゃくちゃ痺れました。

GACKTさんは自分の信念を貫きここまで来ました。

自分の美学を持って取り組む考えがすごく勉強になり刺激を受ける事ができました。

ぜひ一度読んでいただきたいので、ここで紹介させていただきます。

 

 

まとめ

・意識しないとすぐに周りに流されるので、日頃から嘘をつかない事を意識する

・自分の信念を大事にする

・ただ、時には嘘をつく事も必要

・正直なりにも結果を出す事はできるので、人一倍試行錯誤する必要がある

・人生のほとんどの時間を仕事に費やす人が多い、なので

 その仕事で嘘をつき続ける=そういう人間になる

これらの事を意識して、正直な営業マンを目指し幸せになりましょう。

嘘をつく事に違和感を感じる人はそう多くありません。

そこに気づいてこのページに来てる人は絶対に大丈夫です。

自信持ってお互い頑張りましょう!!!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください